ムダ毛は剃れば剃るほど剛毛になっていく

思春期の頃は、ムダ毛が気になって何とかしたい!と思いますよね。でも、もしかしたらそのままの方が目立ちにくいのかもしれません。

一番お金も時間もかからずに脱毛する方法といえば、やはり剃刀処理ではないでしょうか。

けれどムダ毛は剃れば剃るほど後で黒々しく、太くて固い毛が生えてきます。

特に肌が白い人ほどムダ毛も、剃った後の毛穴の赤みも目立ってしまいます。こうなると肌荒れは気になるし、でも脱毛しなければならないという悪循環に陥ってしまいます。

そして自己処理で厄介なのが、必ず剃り残しが出てしまうことです。いくらCMなどで脱毛後のすべすべの肌を謳っていたとしても、実際はそううまくいきません。剃刀処理をしたあとの肌を撫でてみると、必ずザラザラした感触が残りますし、刺激を受けた毛穴が赤く膨らんできます。ですが肌荒れを回避するには何度も剃刀を滑らせるわけにもいきません。ピンセットでちまちまと抜くしか方法はなく、結構痛いです。

商品説明には専用のシェービングジェルなどを使用し、毛の流れに沿って剃るように書いてあります。毛の流れに沿って剃刀を動かすと、確かに肌への負担は減るのですが、肝心のムダ毛が剃りにくいのです。脱毛処理を優先するのか、肌荒れを防止するかいつも悩みます。

そこで気になるのが脱毛サロンです。色々なチラシやCMを目にしますが、本当に綺麗に脱毛できるのか、費用の問題、しつこい勧誘などされないか気になります。人によって状況は様々ですし、何度もサロンに通う必要があるならばかなりの負担になります。誰でも同じように費用に見合うだけの結果が得られるのか疑ってしまいます。

結局悩んだ末に市販品の脱毛テープを使ったり、除毛クリームなどを併用しながらうまい脱毛方法を探っていますが、なかなかこれだ!という方法が見つかりません。ムダ毛を剃らずに目立たなくできればベストなのに、といつも思っています。